ホーム > パーキンソン病のリハビリ > 運動訓練

運動訓練

運動訓練は平均20~30分ずつの運動が望ましく、通常、週に3回以上行うとよいとされています。
パーキンソン病のリハビリテーションで大切なことは、運動能力を維持し、できるだけ自分の力で日常生活を送れるようにすることです。
以下の点に注意し、無理をせず適切な方法で行いましょう。

無理をしない

運動をしすぎると、薬の効いている時間が短くなることがあります。また、ケガの原因にもなりますので、運動は適度に行いましょう。

快適な温度で行う

寒いとケガをしやすく、暑いと脱水症状を起こすことがあります。
運動は快適な温度で行いましょう。

水分をしっかり補給する

水分が不足すると、発熱や急激な症状の悪化などが起きる悪性症候群があらわれることがあるので注意しましょう。

担当医に相談する

担当医や理学療法士に相談して、自分の症状にあったリハビリテーションを行いましょう。

頭と顔の運動

上半身の運動

下半身の運動

バランスの練習

監修 : 関東労災病院 名誉院長 柳澤信夫 先生

pfizer Copyright (c) Pfizer Japan Inc. All rights reserved