ホーム > パーキンソン病のリハビリ

パーキンソン病のリハビリ

パーキンソン病の患者さんは、体が思うように動かないことから、何事にも消極的になりがちですが、体を動かさないでいると、筋肉や関節がますます動かなくなり、気持ちも沈みがちになってしまいます。
リハビリテーションを行って体を動かしやすくして、日常生活に必要な動作の改善を目指しましょう。

ストレスは症状を悪化させます。ストレスをためず、前向きな気持ちを保ちましょう。 気持ちが落ち込んだとき、意欲ややる気がないときは、医師に相談するとよいでしょう。

パーキンソン病治療は、患者さんご自身だけでなく家族や職場の方の理解も大切です。病気をよく理解し、自分の症状をよく知ってうまくコントロールしましょう。

日常生活がリハビリテーション

運動訓練

音楽療法

その他のリハビリテーション

日常生活のコツ

身の回りの工夫と暮らしやすい住環境

公的援助の活用

監修 : 関東労災病院 名誉院長 柳澤信夫 先生

pfizer Copyright (c) Pfizer Japan Inc. All rights reserved